ボイラーの構造や種類について

ボイラーの構造や
種類について知りたい!
どんなものがあるの?

ボイラーとは、熱源を用いて水を沸かし、お湯や水蒸気の力を利用する熱源装置のことです。現在では暖房や給湯用に使用されているもののほか、発電装置などに利用されているものもあります。ボイラーには構造や原材料によっていくつかの分類があり、一定規模のボイラーを取り扱うには、ボイラー技士という資格が必要です。

今回は、ボイラーの構造や種類について解説しましょう。

この記事を読めば、ボイラーの種類だけでなく、取り扱いに必要な資格のこともよく分かるでしょう。ボイラー技士の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所