ボイラーの構造や種類について

ボイラーの構造や
種類について知りたい!
どんなものがあるの?

ボイラーとは、熱源を用いて水を沸かし、お湯や水蒸気の力を利用する熱源装置のことです。現在では暖房や給湯用に使用されているもののほか、発電装置などに利用されているものもあります。ボイラーには構造や原材料によっていくつかの分類があり、一定規模のボイラーを取り扱うには、ボイラー技士という資格が必要です。

今回は、ボイラーの構造や種類について解説しましょう。

この記事を読めば、ボイラーの種類だけでなく、取り扱いに必要な資格のこともよく分かるでしょう。ボイラー技士の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ボイラーの
基礎知識

はじめに、ボイラーの役割や構造などについて解説します。どのような装置なのでしょうか?

ボイラーの定義

前述のとおり、ボイラーは熱源を用いて水を沸かし、お湯や水蒸気の力を利用する熱源装置です。同じように熱源を用いてお湯を沸かしても、圧力容器を利用しないものはヒーターに分類されます。ボイラーは20世紀初頭までは汽車や汽船の動力源として活躍していました。現在でも、発電所や工場・蒸気船などでは動力源として使われています。
そのほか、給湯や暖房のために使われているボイラーも多いのです。

ボイラーの構造

ボイラーは、燃焼装置・水管・蒸気発生口などからなりたっています。ボイラーには温水ボイラーと蒸気ボイラーがあり、温水ボイラーは蒸気発生口がありません。また、蒸気ボイラーは構造別に水管ボイラーや丸ボイラーなどに分類されています。また、ボイラーには事故を防止するために保安装置も設置されており、定期的な点検整備をしなければなりません。

ボイラーに関する法律

ボイラーは正しく取り扱い、定期的に点検整備を行わないと事故を起こす可能性があります。そのため労働安全衛生法とボイラー及び圧力容器安全規則によって、設置場所や定期点検の頻度・取扱者などが規制されているのです。ボイラーには、構造の他に、大きさや伝熱面積によって種類分けされており、取り扱うには、以下のような資格が必要になります。

  • 簡易:資格なしでも取扱可能だが、特別教育修了・技能講習修了していることが望ましい
  • 小型:特別教育修了・技能講習修了で取扱可能
  • 小規模:技能講習修了・二級ボイラー技士取得で取扱可能
  • 伝熱面積25m2未満:特級~二級ボイラー技士取得で取扱可能
  • 伝熱面積25m2以上500m2未満:特級~二級ボイラー技士取得で取扱可能
  • 伝熱面積500m2以上:特級~二級ボイラー技士取得で取扱可能

小規模ボイラー以上を取り扱う場合は、ボイラー技士という資格が必要です。なお、特別教育や技能講習は試験ではなく、講習会になります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所