ホテルの設備管理

ホテルの設備管理ならお任せ!
仕事内容や必要な資格を
詳しく解説!

ホテルには、大勢の利用客が毎日訪れ、滞在しています。快適で安全なホテルライフを提供するためには、設備管理に不備があってはいけません。ホテルの設備管理が行き届いているかどうかで、真価が決まるのです。今回は、ホテルの設備管理について仕事内容や資格取得を含め、詳しく解説します。

この記事を読むことで、ホテルの設備管理に関する基本や必要な資格がわかり、就職や転職に向けて適切な行動をすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 01. ホテルの設備管理とは

最初に、ホテルの設備管理について詳しく解説します。主な仕事内容や作業について理解しておきましょう。

1-1.ホテルの設備管理の仕事内容

ホテルの設備管理の仕事内容で主なものは、以下をご覧ください。

  • 建物点検および検査(電力設備・空調設備・ボイラー設備など)
  • エレベーター設備の点検
  • 給水設備・浄化槽・排水設備の管理・点検・修理
  • 消防用設備の点検
  • 機械式駐車場設備の点検
  • 定期巡回・定期点検

1-2.客室での作業について

ホテルの設備管理は、客室のトラブル対応も含みます。たとえば、電球が切れた・風呂のお湯が出ないなど、突然の故障に関しても、宿泊客の立場になって誠意を持って対応することが大切です。なお、客室に入って作業をするため、身だしなみや言葉遣いなどのマナーも身に付けておく必要があります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所