ホテルの設備管理

ホテルの設備管理ならお任せ!
仕事内容や必要な資格を
詳しく解説!

ホテルには、大勢の利用客が毎日訪れ、滞在しています。快適で安全なホテルライフを提供するためには、設備管理に不備があってはいけません。ホテルの設備管理が行き届いているかどうかで、真価が決まるのです。今回は、ホテルの設備管理について仕事内容や資格取得を含め、詳しく解説します。

この記事を読むことで、ホテルの設備管理に関する基本や必要な資格がわかり、就職や転職に向けて適切な行動をすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 01. ホテルの設備管理とは

最初に、ホテルの設備管理について詳しく解説します。主な仕事内容や作業について理解しておきましょう。

1-1.ホテルの設備管理の仕事内容

ホテルの設備管理の仕事内容で主なものは、以下をご覧ください。

  • 建物点検および検査(電力設備・空調設備・ボイラー設備など)
  • エレベーター設備の点検
  • 給水設備・浄化槽・排水設備の管理・点検・修理
  • 消防用設備の点検
  • 機械式駐車場設備の点検
  • 定期巡回・定期点検

1-2.客室での作業について

ホテルの設備管理は、客室のトラブル対応も含みます。たとえば、電球が切れた・風呂のお湯が出ないなど、突然の故障に関しても、宿泊客の立場になって誠意を持って対応することが大切です。なお、客室に入って作業をするため、身だしなみや言葉遣いなどのマナーも身に付けておく必要があります。

02. 02. ホテルの設備管理の必要性と重要性について

ホテルの設備管理の必要性と重要性について解説します。

2-1.ホテルの設備管理の必要性

ホテルには、多くの利用客がやってきます。宿泊はもちろん、会議や結婚式など、さまざまな催しを行うためです。そのため、多くの人が常に快適に利用できる状態を維持する必要があります。また、災害時に不自由なく利用客を誘導できるためにも、設備に不備があってはいけません。ホテルの設備管理は、衛生管理・安全管理を含め、必要性の高い仕事といえるでしょう。

2-2.ほかの現場との違いは?

ホテルの設備管理は、ほかの現場の設備管理と比べるといくつかの違いがあります。まず、ホテルは24時間営業であるため、設備管理の仕事も24時間態勢での対応を求められるのです。また、宿泊施設に特化した設備(客室照明・空調設備・給湯設備など)に関する豊富な知識と経験を求められるのも大きな違いといえるでしょう。

03. 03. ホテルの設備管理の給与・待遇について

ホテルの設備管理の給与や待遇について詳しく解説します。実際に就職してから後悔しないようにしっかり目をとおしておきましょう。

3-1.管理義務について

ホテルの設備管理は、建物の設備全般を適切に維持・運用することに管理義務があるのです。仕事内容の放棄は、利用者の安全と利便性を危うくするため、ホテルの不利益に繋がります。設備管理の良さがホテルの質や評判に影響するため、ホテルの設備管理の仕事をするときは、責任を持って行いましょう。

3-2.ホテルの設備管理の勤務形態

ホテルの設備を管理する会社の勤務形態を見るときには、以下の点をチェックしましょう。

3-2-1.勤務時間はどうか

ホテルの設備管理の勤務には、さまざまなパターンがあります。主なものは以下のとおりです。

  • 日勤だけ
  • 夜勤だけ
  • 日勤と夜勤のローテーション
  • 24時間態勢(仮眠時間を含む)

勤務形態は、仕事の満足度を大きく左右します。どんな勤務形態となるのか、求人を見るときにきちんとチェックしておきましょう。

3-2-2.雇用形態はどうか

雇用形態についても確認しておきましょう。直接雇用か、個人事業主としての契約かによっても条件が異なります。直接雇用の場合は、フルタイム・パートタイムなどの違いもチェックしてください。安定して働きたい場合は、直接雇用のフルタイムが有利です。自分の時間を大切にしたいときはパートタイムを、また、実力を発揮して多く稼ぎたいときは個人事業主として契約し、複数のホテルを掛け持ちすることをおすすめします。

3-3-3.勤務形態に関するそのほかのこと

勤務形態として、管理会社に直接雇用後、契約先のホテルに常駐するケースも多くなります。また、派遣社員として勤務することもあるでしょう。ホテルに直接雇用となる以外にも、多彩な勤務形態があります。自分にとって、どんな働き方を希望するか・向いているか、じっくり考えてみましょう。

3-3.ホテルの設備管理の給与について

ホテルの設備管理の給与は、年収で300~400万円が標準となります。ボイラー技士やビル整備管理技士・ホテル管理士など、関連資格を取得している人はより高収入を目指すことも可能です。また、設備管理の経験を積みながらマネージメントも勉強すればゆくゆくは支配人などになることも夢ではありません。

3-4.ホテルの設備管理の求人について

ホテルの設備管理の求人数は、ホテル建設の増加に比例しています。数多くの求人から自分の希望どおりのものをみつけるためにも、常に求人誌・求人サイトなどの情報をチェックしておきましょう。なお、当然ながら無資格者よりも有資格者や経験者が優遇されます。自信を持って求人に応募するためにも、資格取得を真剣に考えてみてください。

04. 04. ホテルの設備管理と資格について

ホテルの設備管理と資格について、関連資格や取得のメリットなど詳しく解説します。

4-1.ホテルの設備管理と資格取得について

ホテルの設備管理の仕事に就くための資格取得について学びましょう。

4-1-1.資格取得のメリット

ホテルの設備管理の資格があれば、業務に必要な経験と知識があることの証明となります。そのため、就職や転職に有利になるのです。特に、ホテルの設備管理会社にとって、資格取得者はのどから手が出るほどほしい人材といえます。どんなホテルにも自信を持って派遣できる目安となるため、有利な条件で就職・転職できることでしょう。

4-1-2.設備管理会社における資格の必要性

設備管理会社では、自社の社員として採用後、常駐先のホテルに派遣する形式を採用しています。しかし、常駐先できちんと任務を果たしてもらうためにも、最低限の知識を身に付けていることが必要です。資格取得は、ひとつの目安となるため、重要かつ必要であるといえます。資格がない人より資格を持っている人を優遇するのは当然です。

4-1-3.設備管理会社の有資格者設置義務について

設備管理会社では、多くの企業からあらゆる設備管理を請け負っています。設備管理においては、有資格者が検査・管理・改善などの実施を行う必要があるため、各種有資格者を設置する義務があるのです。たとえば、給水設備や浄化槽・排水設備の管理はビル管理技術者、消防設備の管理は消防設備士が行うことになります。設備管理会社では、業務を適切に進めるためにも常に有資格者を求めているのです。

4-2.ホテルの設備管理に関連する資格

ホテルの設備管理に関連する資格には、以下のようなものがあります。

4-2-1.ビルメンテナンス関連

ビルメンテナンス関連では、以下の資格を取得するといいでしょう。

  • ビル管理技術者:建築物の環境衛生の維持管理を行うための資格で、面積3,000平方メートル以上の建物に選任義務がある
  • 消防設備士:消防用設備の工事や整備などのために必要な資格
  • ボイラー技士:ボイラーの設置や定期検査をするために必要な資格
  • 電気主任技術者:受電設備や配線など、ホテルの電気設備の保安・維持などに必要な資格

4-2-2.ホテル管理関連

ホテル管理関連では、以下の資格が重宝します。ホテルでは、衛生管理が大きな意味を持つからです。

  • 旅館・ホテル安心安全管理士:ホテルの衛生管理などの知識を有することを認めた資格

05. 05. ホテルの設備管理に関するよくある質問

最後に、ホテルの設備管理に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容に目をとおし、理解しておきましょう。

Q.ホテルの設備管理は定年後も働き続けることはできますか?
A.ホテルの設備管理で、直接雇用の場合は基本的に定年までの勤務となります。しかし、能力を買われている場合は、再雇用の対象となり、定年以降も働き続けることは可能です。また、個人事業主として請け負っている場合も、定年の概念はありません。できるだけ長く働きたいと考えている人は、勤務形態についても検討していきましょう。

Q.女性でもホテルの設備管理の仕事をこなすことはできますか?
A.ホテルの設備管理の仕事に、男女の区別はありません。従って、女性でも希望すれば仕事に就くことができます。ただし、利用客が客室にいるときに作業をする場合は、安全面の問題から男性作業者と一緒に行うこともあるでしょう。

Q.ホテルの設備管理に向いている人の特徴は?
A.ホテルの利用客の安全や利便性を維持するためには、真剣に設備管理の仕事に取り組む必要があります。いい加減に点検・整備をしているのでは、万が一のときに大きな事故・災害につながってしまうからです。ホテルの設備管理の仕事に誇りを持ち、常に現状の改善を考えている人が向いているといえるでしょう。

Q.常駐先のホテルが合わない場合は配置転換してもらえますか?
A.設備管理会社に就職し、常駐先のホテルで仕事をすることになった場合、職場が合わないケースもあるでしょう。まずは、配置転換してもらえるかどうか相談することが大切です。正当な理由があり、配置転換が適切だとの判断が下れば、別の常駐先に移ることができます。ただし、何となく合わない・もっと条件のいい職場がいいなど、個人のわがままの範囲だとみなす場合は、希望を受け入れてもらえないこともあるでしょう。

Q.ホテルの設備管理の仕事で休憩中なら外出しても構いませんか?
A.ホテルの設備管理は、休憩中でも急な対応が必要になる場合があります。そのため、ホテルに1人だけで勤務中の場合は、休憩中も長時間不在にならないように気を付けるべきです。ホテルでは、電灯切れや水周りの不調など、突発的なトラブルが発生することがあります。外出する場合であっても、すぐに連絡を取ることができる状態にしておきましょう。

06. 06. ホテルの設備管理
まとめ

今回は、ホテルの設備管理について詳しく解説しました。ホテルには、多くの利用客が滞在しています。快適に過ごしてもらうためには、設備管理の仕事をきちんと行う必要があるのです。ホテルの設備管理が行き届いてれば、利用客の満足度も高く、リピート率が上がってホテルの利益に貢献できます。ホテルの設備管理の仕事は、求人が安定しており、長く働きたい人にもピッタリです。まずは、必要な資格取得を目指して実力を高めましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所