ファイナンシャルプランナーの資格取得の勉強法や活躍できる場所は?

ファイナンシャルプランナーの
資格を取得したい!
勉強法や活躍できる場所は?

ファイナンシャルプランナーとは、収支や負債・資産などに基づき結婚・教育・老後などの資金計画を考え、アドバイスをしてくれる職業のことです。生き方が多様になるにつれて、人生のどこにどのくらいお金をかけるのか、という計画もより重要になってきました。ファイナンシャルプランナーに相談をすれば、お金の貯め方や負債の減らし方、さらに将来に備えてためておきたい資金の目安までアドバイスしてくれます。また、ファイナンシャルプランナーを目指す方も増えているのです。

そこで、今回はファイナンシャルプランナーの職務や資格を取得する方法・ファイナンシャルプランナーが活躍する職場などをご紹介しましょう。

この記事を読めば、ファイナンシャルプランナーの資格を取得するための勉強方法なども分かります。資格取得にチャレンジしたいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ファイナンシャルプランナー
の基礎知識

はじめに、ファイナンシャルプランナーの職務や就職先をご紹介します。どのような場所で活躍しているのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは前述したように、依頼者の収支や資産・負債などを元にライフプランニングに沿った資金計画のアドバイスを行ってくれる資格です。

いろいろな働き方や生き方ができるようになった現在では、それぞれ人生に必要なお金の総額や必要になる時期が違います。これまでもざっくりとしたライフプランに沿った資金計画モデルはありましたが、より詳しい計画を立てたいという方は増えているのです。そのため、ファイナンシャルプランナーの需要は今後も高まっていくと考えられています。

ファイナンシャルプランナーが活躍できる場所とは?

ファイナンシャルプランナーは、保険会社や銀行などに勤めてライフプランに沿った保険やローンの組み方をアドバイスしたりすることもあれば、一般企業に勤めて社員のライフプランの相談に乗ることもあるでしょう。

また、独立も可能です。企業に勤めながら経験を積んで人脈を広げ、独立する方もいます。働く場所をいろいろと選べるのも、ファイナンシャルプランナーの魅力です。

ファイナンシャルプランナーになるには?

ファイナンシャルプランナーは、1986年に民間資格からスタートしました。2002年に国家検定である技能士にファイナンシャル・プランニングが1級~3級まで追加されます。これ以後、ファイナンシャルプランナーとは、ファイナンシャル・プランニングの技能検定合格者を指すようになりました。

現在、企業でファイナンシャルプランナーとして働く場合や独立する場合は、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士を取得する必要があります。

また、民間資格として日本FP協会が主催するAFPという資格がありますが、これを取得するには、2級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得した後で申請を行って研修を受けて取得するか、認定教育機関(資格の専門学校など)でAFP認定研修を受けて取得しなければなりません。ですから、ほとんどの方は2級ファイナンシャル・プランニング技能試験に挑戦し、取得した後でAFPを取得します。AFPを取得すれば世界で通用するファイナンシャルプランナー資格であるCFP®資格審査試験の受験資格が得られるのです。

ファイナンシャルプランナー資格の種類

ここで、もう一度ファイナンシャルプランナーに関する資格の種類を整理しておきましょう。ファイナンシャルプランナーに関する資格には、国家試験であるファイナンシャル・プランニング技能士と、民間資格であるAFPとその上位資格であるCFPがあります。

ファイナンシャル・プランニング技能士には1級~3級までの3種類があり、3級だけは受験資格がいりません。2級は、3級を取得した方やファイナンシャルプランナー業務を2年以上行った方、1級は、2級合格者やCFPを取得された方・ファイナルプランナー業務を5年以上行った方が受験資格を得られます。

なお、ファイナンシャルプランナーの業務自体は無資格でも行うことが可能です。ですから、2002年より以前にファイナンシャルプランナーに関する民間資格を取得し、ファイナンシャルプランナーとして働いてきた方の中には、初めから1級にチャレンジする方もいるでしょう。

全く知識がない状態から資格を取得する場合は、まず3級ファイナンシャル・プランニング技能士の取得を目指しましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所