ビル管理会社の最新ランキングは? 人気・年収も詳しくチェック!

シェアする

「ビル管理会社に興味があるけど、どこが人気かランキングで知りたい」「売り上げや年収が多いビル管理会社に就職したい」とお考えではないでしょうか。ビル管理会社は、安定した仕事があり、求人も多くあります。しかし、せっかくならばなるべく評判がよく年収が高いところを選びたいですよね。

そこで今回は、ビル管理会社の最新ランキングをご紹介しましょう。

  1. ビル管理会社とは?
  2. ビル管理会社をランキングで比較してみよう
  3. ランキング上位のビル管理会社への就職・転職にするには?
  4. ビル管理会社のランキングに関するよくある質問

この記事を読むことで、ビル会社のランキングがよく分かり、就職・転職に役立ちます。まずは、記事を読んでみてください。

1.ビル管理会社とは?

最初に、ビル管理会社とはどんなことをしているのかを見ていきましょう。

1-1.ビルの管理やメンテナンスが主な仕事

ビル管理会社とは、ビルの管理・メンテナンスを仕事として請け負う会社のことです。ビル管理会社の主な仕事には、以下のようなものがあります。

  • ビル設備の保守・点検
  • ビル内のテナントや外部業者との交渉業務
  • ビル内のテナントとビルオーナーの橋渡し業務

1-2.独立系ビル管理会社は仕事が楽でも給与が低め

独立系ビル管理会社は、親会社を持たず独立してビル管理を行う会社のことです。取引先が官公庁や大手企業になると、比較的ルーティンワークとなるため楽だという人が多くいます。ただし、給与や福利厚生は平均もしくは平均以下というところが多いので注意してください。そのため、独立系ビル管理会社で経験を積んでから、待遇のいい大手の系列系ビル管理会社に転職する人もいます。

1-3.系列系ビル管理会社は親会社からの資本提供が強み

系列系ビル管理会社は、親会社から資本提供を受けているため、安定感が魅力です。親会社が大手老舗企業の場合、平均以上の待遇を期待することもできます。ただし、親会社から出向してきた人が管理職に就くことが多く、古い体質が残っているところもあるため、入社前の社風チェックが重要です。

1-4.全国で560社以上あり都心部に多く見られる

ビル管理会社は、公益社団法人東京ビルメンテナンス協会の所属数だけ見ても全国に560社ほど存在します。特に都心部では、最近のビル建設ラッシュに伴いビル管理の仕事も急増しているため、需要が途切れることがありません。そのため、慢性的な人手不足となっており、実務未経験者でも就職・転職できるチャンスが広がっているのです。

2.ビル管理会社をランキングで比較してみよう

ビル管理会社の人気・年収・売り上げなどの最新ランキングを見ていきましょう。

2-1.ランキングは就職・転職先を決める目安になる

ビル会社のランキングは、就職や転職先を決めるときの大きな目安になります。さまざまなランキングの中でも、特に以下の3つを参考にするといいでしょう。

  • 人気ランキング:業界注目度や競争率はどうか
  • 年収ランキング:平均年収が自分の希望年収と合致するか
  • 売り上げランキング:安定性や将来性はどうか

2-2.人気ランキングは流動的でランキングが難しい

ビル管理会社のランキングを見るとき、どの会社が最も人気なのか気になるものです。しかし、人気はつねに変動していること・参考にする指標やまとめた人の意向によって大きく影響を受けます。そのため、公正な立場でランキングすることが難しいのです。ただし、年収が高い・売り上げが高い企業は、総じて高い人気で安定していています。会社の知名度が高いところも、同様です。

2-3.年収ランキングでは東急不動産HDが1位

年収ランキングでは、東急不動産HDが1,213万円とトップを独走しています。東急不動産HDは自社ビル物件を数多く抱えていることや、老舗ブランドである東急電鉄グループであることから年収水準が高いのです。

  • 東急不動産HD:1,213万円
  • 日本ハウズイング:505万円
  • イオンディライト:472万円
  • 東洋テック:456万円
  • 大成:421万円

2-4.売り上げはイオンディライトが1位

売り上げランキングでは、イオンディライトが1位を獲得しています。売り上げに関しては、系列系が強いことが分かるでしょう。

  • イオンディライト:2,810億円
  • 東急不動産HD:1,365億円
  • 共立メンテナンス:1,350億円
  • 日本管財:900億円
  • 日本ハウズイング:885億円

2-5.ランキングでは見えない部分もチェックしよう

各種ランキングは就職・転職の際に大きく役立ちます。しかし、ランキングや数字では見えない部分もきちんとチェックしましょう。たとえば、社員の満足度ランキングは年収の高低と比例していないことがあります。人間関係や社風も、数字では表せないものです。社員の口コミなどの情報も参考にし、総合的に志望先を決定してください。

3.ランキング上位のビル管理会社への就職・転職にするには?

ランキング上位のビル管理会社に就職・転職するためには、資格取得が有利です。

3-1.人気企業ほど有資格者が有利になる

ビル管理会社への就職・転職を希望するなら、有資格者が有利なのは事実です。特に、ランキング上位の大手人気企業には応募者が殺到するため、差別化のためにも資格取得を目指しましょう。実務未経験でも、有資格者であることを高く評価する企業もあります。また、同じような年齢・経歴・能力の人材が2人いれば、有資格者を採用するのは当然です。

3-2.「ビルメン4点セット」や「ビルメン3種の神器」の取得がおすすめ

ビル管理会社への就職・転職には、「ビルメン4点セット」と呼ばれる以下のような資格がおすすめです。手始めに、取得しやすい乙種第4類危険物取扱者の取得から始めるといいでしょう。

  • 第二種電気工事士
  • 二級ボイラー技士
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 乙種第4類危険物取扱者

また、「ビルメン3種の神器」と呼ばれる資格も需要が高くなります。

  • 建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)
  • 第三種電気主任技術者(電験三種)
  • エネルギー管理士

3-3.無資格でも仕事に就けるが見習い程度になる

ビル管理業界は、急激な成長により人手不足が続いています。したがって、無資格者であっても就職することは可能でしょう。ただし、仕事内容が限定されます。たとえば、電気工事やボイラー操作は専門資格が必要です。無資格者ができることは、事務作業や関連部署や取引先との連絡や調整業務などになるでしょう。もちろん、仕事をしながら資格取得を目指すことも可能です。ただし、働きながら資格取得をするためには、相応の準備と努力が必要になります。

3-4.試験当日までスケジュールを立てて暗記と過去問を繰り返す

ビル管理関連の資格取得には、綿密な準備をしましょう。試験を受ける以上、当日に実力を発揮する必要があるからです。まったくの未経験ならば、基礎知識が不足しています。毎日のすき間時間を使い、重要用語を暗記しましょう。市販の通信教材を利用するのも効率がよくておすすめです。一通り暗記を終えたら、練習問題を数多くこなしていきましょう。特に、過去問は、試験の出題傾向をつかむためにも最適な教材です。また、出題形式に慣れておくことは、試験当日の緊張を回避し、実力を発揮する効果もあります。

4.ビル管理会社のランキングに関するよくある質問

最後に、ビル管理会社のランキングに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.平均年収が高い会社に就職したら安心できますか?
A.いいえ。平均年収は、あくまでも全社員の平均です。より多く稼ぐ人もいれば、少ない人もいます。能力が低い人・売り上げを上げることができない人にとっては、厳しいでしょう。

Q.売り上げランキングの高い会社でも年収が高いとは限らない理由は?
A.利益率が低い・人件費の設定が低いなどの理由があります。年収の高さを重視するのなら、売り上げの高さはあくまでも参考にするといいでしょう。

Q.中高年の未経験者でもビル管理会社に就職できる?
A.可能です。ただし、同等の条件の若い人と比べると、何らかの切り札が必要でしょう。資格取得はもちろん、コミュニケーション能力ややる気の高さなどもどんどんアピールしてみてください。

Q.「ビルメン4点セット」や「ビルメン3種の神器」や全部取得するべきか?
A.全部取得するのが望ましいのは事実です。しかし、中には難関資格も含まれています。無理をせず、実務をこなしながらひとつずつ取得していきましょう。

Q.ランキング外のビル管理会社以外に就職するメリット・デメリットは?
A.ランキング外となれば、中小のビル管理会社も多く見られます。メリットは、規模が小さい分ひとりひとりに任せられる仕事の幅が広く、経験値を高めることができる点でしょう。デメリットは、経営が不安定な会社もあり、年収が低め・福利厚生が手薄いなどの点などが挙げられます。

まとめ

今回は、ビル会社のランキングについて詳しく解説しました。同じビル会社でも、売上金額・人気・年収は随分違うものです。せっかく就職・転職するのなら、それぞれのランキングで上位のビル会社を狙いましょう。なお、人気のビル会社ほど。就職・転職希望者が殺到するため、ライバルたちに差をつけるためにも資格取得をおすすめします。ビル管理に役立つ資格を取得すれば、書類選考も通過しやすく、面接にも自信を持って臨めることでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所