ビルメン三種の神器とは?資格取得に必要な知識とコツを伝授!

ビルメン三種の神器とは?
資格取得に必要な
知識とコツを伝授!

ビルメンは、不況になっても仕事に困ることがないといわれています。専門知識が必要な職種は、どんな時代になっても引く手あまたですからね。さらに「ビルメンの3種の神器」を取得すると怖いものはないでしょう。今回は、ビルメンの三種の神器について詳しく解説します。専門知識を身に付けて長く働きたい人や、ビルメンに必要な資格取得を考えている人は必見です。

この記事を読むことで、ビルメンの三種の神器に詳しくなり、資格取得に向けて適切な対応ができるようになります。実際に就職するときにとても参考になるでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 01. ビルメンとは?

最初に、ビルメンに関する基本を学びましょう。ビルメンの職務や必要性・魅力・将来性など詳しく解説します。

1-1.ビルメンについて

ビルメンとは、ビルメンテナンスの通称です。ビル管理とも呼ばれます。建築物の管理を適正に行うことで、人々が安心して建物内で過ごすことができるのです。ビル管理を適切に行うためには、専門知識を持った人材が必要となります。ビルメンは、誰でもできる仕事ではありません。しかし、とても需要が高いことは事実です。

1-2.ビルメンの仕事内容や職務

ビルメンの主な仕事内容や職務で主なものにかんしては、以下を参考にしてください。

  • 電気設備・給排水設備・空調設備などの整備
  • ビル設備の点検・保守
  • ビル内の害虫・ねずみ駆除
  • 廃棄物の適正な処理
  • ビルのテナントや業者との交渉

1-3.ビルメンの必要性を考える

建築物の状態を最良に保つことは、内部で働く人に快適な環境を提供し、事故を防ぐためにも重要な意味があります。適当に行っていては、事故が起きて多大な被害が出る可能性があるため、専門知識を身に付けた人材がきちんとビルメンの職務に当たることが必要なのです。

1-4.ビルメンの職場・求人・年収などの魅力と将来性

ビルメンの職場は、たくさんあります。

  • ビル管理会社
  • ビルメンテナンス会社
  • ホテル
  • 病院
  • デパートなどの大型商業施設
  • 工場
  • 学校

求人は常にあり、職場に困ることはありません。年収は、300~400万円台がメインですが、職場の規模が大きくなるほど高収入が望めます。手に職を付けるという意味で長く働きたい人には将来性もあり、魅力的な資格です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所