ビルメンの上位資格

ビルメンの
上位資格について知りたい!
就職や転職に必要なもの?

ビルメン(ビルメンテナンス業務)とは、オフィスビルや大規模商業施設・ホテル・学校など、不特定多数の人が利用する建物で、設備管理をする仕事です。大勢の人が安全かつ快適に建物を利用できるようにするには、メンテナンス業務は欠かせません。また、メンテナンス業務にかかわる資格も複数あり、取得を目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。
そこで、今回はビルメンの「上位資格」と呼ばれている資格について、解説します。

この記事を読めば、ビルメン業界に就職・転職する際にどのような資格を取得していれば有利なのかもよくわかるでしょう。ビルメン業界に就職・転職するために各種資格取得の勉強をしている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ビルメンの
基礎知識

はじめに、ビルメンの仕事内容や職場・就職に必要な資格などを解説します。どのような人に向いている職業なのでしょうか?

1-1.ビルメンの業務について

ビルメンとは、正式名称をビルメンテナンス業務と言います。ビルだけに限らず、大型商業施設や学校・ホテルなど不特定多数が利用する大規模な施設では、ビルメンテナンス業務が必要です。主な職務としては

  • 清掃
  • 害虫駆除
  • 設備の点検や修理

などがあげられます。施設によっては、テナントとの交渉やクレームの対応・自治体との折衝などがビルメンテナンス業務の一環として行われているところもあるでしょう。使用者が施設を快適に使えるようにする業務はすべてビルメンに分類されると考えると、理解しやすいと思います。

1-2.ビルメンの重要性

ビルメンは、決して目立つ仕事ではありません。しかし、ビルメンが不十分なビルは不具合があっても改善されにくいうえ、建物自体の劣化も早まるでしょう。また、不特定多数の人が利用する施設では、空気環境や上下水道の定期的な検査が必要とされています。しかし、ビルメンが不十分ですとそのような検査も不十分となり、施設を利用し続けている間に、健康に悪影響が出る可能性もあるでしょう。
建物を長持ちさせ、利用者に安全かつ快適に使用してもらうためにもビルメンは重要です。

1-3.ビルメンを求めている職場

ビルメンは、オフィスビル・商業ビルなどのほか、大規模商業施設や学校・ホテルなどで必要とされています。施設自体がビルメン部門を設けている場合もありますし、複数の施設からビルメンを請け負う会社もあるのです。また、複数のビルや不特定多数が利用する施設を運営している会社の場合は、ビルメンを行う子会社を設立し、そこで求人を行っていることもあるでしょう。

1-4.ビルメンに向いている人

ビルメンは、設備の補修や点検など技術的な力が要求されます。ですから、手先を動かして仕事をすることが得意な方や、ルーチンワークが苦にならない人が向いているでしょう。また、テナントなどの折衝業務がある場合は、一定のコミュニケーション能力も必要です。そのため、若い年代の人だけでなく、ある程度社会経験を積んだ人を求めている職場もあるでしょう。

1-5.年収など

ビルメンの平均年収は、250万円~となっています。資格を取得したり技術者を統括する立場になれば、給与はアップしていくでしょう。また、取得している資格によっては定年を超えても働き続けることができます。不特定多数の人が利用する施設がなくならない限りビルメンの需要もあるので、将来性も問題ありません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所