ビルメンテナンス

ビルメンに
必要な資格とは?
「ビルメン4点セット」を徹底検証!

ビルメンに必要な資格にはどのようなものがあるかご存じでしょうか? ビルメンとは「ビルメンテナンス業務」の略で、この仕事に就くためには「ビルメン4点セット」と呼ばれる資格を取得するべきです。この4つは国家資格であり、取得しておくとビルメン業界への就職や転職に大変有利になるといわれています。この記事では「ビルメン4点セット」と呼ばれる4つの資格についてご紹介しましょう。

この記事を読むことで、ビルメンの仕事に就くにあたって必要な資格についてわかるはずです。資格取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。


01. 01. ビルメンとは?

まずは、ビルメンという仕事について解説しましょう。

1-1.ビルメンの定義

正式名称は「ビルメンテナンス」または「ビル管理」といいます。主にオフィスビルや病院・ホテル・商業施設などの維持管理が仕事です。空調や電気・水道などの設備にトラブルが発生しないように管理し、万が一トラブルが発生した場合は適切な対処をします。就職や転職先としても人気がある業種のため、ビルメンに有利な資格を取得する人も増えてきているのが現状です。

1-2.仕事内容、職務

ビルメンの主な仕事内容には、以下のようなものがあります。

  • ビル設備の保守点検
  • テナントや業者とのやり取り
  • オーナーとテナントの橋渡し

電気や空調などの設備にかんする知識はもちろん、コミュニケーション能力も求められる仕事です。

1-3.必要性

ビルメンという仕事の目的は、その建物を利用する人たちが快適に過ごせるようにすることです。オフィスビルや商業施設などには、多くの人が出入りしています。そのため、確実に管理する必要があるのです。定期的に点検をし、汚れや老朽化が目立つ場合は清掃や補修を行うことで、利用者が不都合を感じることなく利用できるようにする必要があります。

1-4.魅力と将来性

ビルメンの仕事に就く場合、職場はビル以外にも病院やホテルなどさまざまな場所があります。こういった施設は日本中にたくさんあるため、将来仕事がなくなる心配はまず必要ないでしょう。実際に、ビル管理の求人は非常に多く、資格を持っていると就職や転職にも非常に有利なことで知られています。年収については経験や技術によって変わってきますが350~600万円程度が平均です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所