コンセントの交換

コンセントの交換や
増設工事を行いたい!
その為に必要な資格とは?

コンセントが適切な位置にないので、部屋自体が使いにくくなっている。そんな悩みを抱えている人は意外と多いのです。コンセントの数や位置は、家具や家電の配置にも関係してきます。そのため、コンセントを複数口のものに交換したり、増設工事を行ったりしたいと思っている人もいるでしょう。

そこで、今回は、コンセントに関する工事を行うために必要な資格について解説します。

この記事を読めば、電気工事に関する資格についてもよく分かるでしょう。電気工事士を目指している人も、ぜひ読んでみてください。

01. 01. コンセント工事とは
どのようなもの?

はじめに、コンセント工事とはどのような工事なのかということを説明します。工事をするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.コンセントの役割

コンセントは家電などを使用するため、配線にコードを接続する差し込み口のことです。現在は、ワンルームでも複数のコンセントがあります。家を新築する場合は、コンセントの位置を考えることを忘れてはならないと言われるほど、コンセントの位置は重要です。コンセントの位置が悪ければ、家具・家電の配置も思うようにできず、住みにくい家になるでしょう。

1-2.コンセント工事とは?

コンセント工事には、

  • コンセントの位置を変える
  • コンセントの口数を増やす
  • コンセントの数を増やす
  • 壊れたコンセントを修理する

といったものがあります。築年数が経過している家ほど、コンセントの数は少なく、口数も1つしかないものが多いのです。ですから、リフォームを行うついでにコンセント工事をする家もあります。また、築浅の家でも「ここにコンセントがあれば便利」と思うことは珍しくありません。延長コードが届く場所ならよいのですが、そうでないならば、工事が必要です。

1-3.コンセント工事は素人でも行えるの?

結論から言うと、コンセント工事を行うには「電気工事士」という資格が必要です。無資格では行うことはできません。増設工事だけでなく、コンセントに不具合があった際の修繕工事も電気工事士の資格が必要です。無資格で電気工事を行った場合、漏電などの危険があります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所