ガス工事に関する資格を取得したい! 種類や取得方法を解説

ガス工事に関する資格を取得したい! 種類や取得方法を解説

ガス工事とは、ガスの製造から供給までにかかわるガス工作物を設置したり撤去したりする工事です。建物や屋外の施設でガスが安全に使えるように工事を行ったり不要になった配管を撤去したりします。また、給湯器やガスコンロなど、ガスを燃料として使う器具を設置する工事にも資格が必要です。取得を目指している方も多いことでしょう。

そこで、今回はガス工事に関連する資格の種類や取得方法を解説します。

この記事を読めば、試験勉強の方法もよく分かるでしょう。ガス工事に関係する資格を取得したい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ガス工事に
関係する資格

はじめに、ガス工事に関係する資格の種類について解説します。どのような資格があるのでしょうか?

ガス工事の種類

前述のとおり、ガス工事には、一般家庭で使われる燃料ガスの製造から供給までに関係する工事と、屋内で使うガス器具の設置工事があります。単に「ガス工事」と言う場合は、ガス会社が設置したガス管からガスを使用する施設内へガスを引っ張ってくる工事や、施設内でガスを使うことのできるようにガス管を設置する工事を指すことが多いでしょう。また、ガス管をはじめとするガス工作物の維持や運用も、ガス工事の一種です。

コンロや給湯器などを設置する工事の場合は、ガス器具設置工事と呼ばれることが多いでしょう。

ガス工事に関係する資格の種類

ガス工事に関係する資格には、

  • ガス主任技術者
  • 液化石油ガス整備士
  • 簡易内管施工士

があります。このうち、ガス工作物の設置工事や維持運用ができるのは、ガス主任技術者です。
液化石油ガス整備士は、プロパンガスを使用している家庭で、ガス器具設置工事を行うことができます。
簡易内管施工士は、都市ガスを使用している家庭でガス器具設置工事を行うことが可能です。
なお、液化石油ガス整備士簡易内管施工士は、ガス主任技術者の資格を取得していれば、講習を受講して資格を取得できます。そのため、まずはガス主任技術者の資格取得を目指すことが一般的です。

ガス主任技術者の種類

ガス主任技術者には、甲・乙・丙の3種類の資格区分があります。

  • 甲種:ガス工作物の工事・維持及び運用
  • 乙種:最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物の工事、特定ガス発生設備等にかかわるガス工作物等の工事、維持及び運用
  • 丙種:特定ガス発生設備にかかわるガス工作物の工事、維持及び運用

以上のように、資格区分ごとにできる工事が限られているので、覚えておきましょう。

ガス主任技術者は、ガス工事を行う会社だけでなくガス機器の点検整備などを行う会社からも需要があります。また、取得しておけば転職などにも有利でしょう。

高圧ガス製造保安責任者との違い

高圧ガス製造保安責任者とは、高圧ガスを製造したり取り扱ったりしている場所で保安監督業務を行うことのできる資格です。石油コンビナートや高圧ガスを使う冷凍機械を設置してある施設で需要があります。ただし、高圧ガス製造保安責任者の資格を取得していても、ガス工事を行ったり維持運用をしたりすることはできません。また、ガス主任技術者の資格を取得していても、高圧ガスの製造に関係する保安監督業務を行うことはできないのです。同じガスがつく資格ですが、混同しないように気をつけましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所