ガス主任技術者の試験内容や勉強法について

ガス主任技術者の
資格試験について知りたい!
試験内容や勉強法のポイント

ガスは、私たちが豊かな生活を送るために必要不可欠なものです。しかし、ガスの製造や供給まで、すべての取り扱いを行うためには専門知識を身につけておかなければなりません。実際に、ガス事業法によって、ガスの取り扱いは有資格者が行わなければならないと決められています。その中の1種が「ガス主任技術者」です。ガス主任技術者として働くためには、国家試験に合格しなければなりません。そこで、本記事では、ガス主任技術者の基礎知識や種類・仕事内容・試験概要・勉強法などについて説明します。

この記事を読むことで、ガス主任技術者になるための必要な知識を深めることができます。資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

01. 01. ガス主任技術者
の基礎知識

ガス主任技術者の資格取得を目指す前に、一体どのような資格なのか基本情報を知ることが大切です。資格概要や必要性、需要・将来性について説明します。

概要

ガス主任技術者は、ガス事業法に基づく国家資格の1つで、ガス工作物の保安・監督などを行います。爆発・火災の危険性があるガスは、専門知識を習得している有資格者だけが取り扱い可能です。ガス事業法により、ガス工作物は保安監督の方法が定められています。一般家庭の燃料ガス製造から供給まで、すべての過程においてガスの取り扱いができる資格が、ガス主任技術者なのです。

必要性

ガスは取り扱いを誤れば、すぐに引火する物質です。火災・爆発のリスクを抱えているため、慎重に取り扱わなければなりません。専門知識を持っていない人が扱えば、大惨事を起こす可能性があります。ガスを正しく取り扱うと同時に、ガス工作物の工事・運用・維持を行うためには、ガス主任技術者が必要です。

需要・将来性

ガスは私たちの生活に必要不可欠なものとなります。ガス主任技術者の仕事は、ガス工作物の保安・監督であり、ガスを製造・供給する場所で必要な存在です。たとえば、ガスホルダー・ガス精製設備・排送機(はいそうき)・圧送機・導管・受電設備などガス事業の用に供するものを管理します。ガスを使用する場所はたくさん存在しているため、ガス主任技術者の需要も高いのです。ガス事業者は、法令に基づき、ガス主任者を選任しなければなりません。多くの施設で求められるため、将来性もある資格と言えるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所