インテリアデザイナー

インテリアデザイナーに
必要な資格は?
取得のための豆知識を紹介

インテリアデザインは、家具・カーテン・照明など内装全般の設計を行うことです。その専門家であるインテリアデザイナーは、個人宅やオフィス・店舗・ホテル・美術館・学校など、さまざまな場所のインテリアを担当しています。専門スキルや技術・センスが問われる仕事だからこそ、常に学ぶ姿勢を持ち続け、アンテナを張り巡らせておかなければなりません。そんなインテリアデザイナーになるためには、必要な資格があるのでしょうか。本記事では、インテリアデザイナーの基礎知識や資格・習得方法について説明します。

この記事を読むことで、インテリアデザイナーになるために必要な資格が分かります。将来、インテリアデザインの仕事に就きたい方は、ぜひ参考にしてください。

01. 01. インテリアデザイナーの基礎知識

インテリアデザイナーとは、一体どんなものなのでしょうか。定義や仕事内容、職場・求人・年収、魅力・将来性、最近の傾向について説明します。

1-1.インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナーの定義とは、インテリアと呼ばれる建物内部や外部の装飾・空間構成・家具や照明器具などの室内演出、デザインや建物全体の構成などを手がける職業を指します。最初は、デザイン会社などで働き、その後、独立してフリーランスとして活動する方も多いのです。中には、自らインテリア雑貨をデザイン・制作している人もいます。
建築士は建築基準法に基づき、建築の意匠設計を行う仕事です。しかし、インテリアデザイナーは法令に違反しない範囲で建築設計の一部であるインテリアのデザインを担当することになります。

また、インテリアコーディネーターは、違う仕事なので注意してくださいね。インテリアデザイナーは、ホテル・美術館・イベントブースなど幅広い場所で、照明・音・空間を使用したデザインを担当します。一方、インテリアコーディネーターは、住宅や店舗など身近な仕事を対象にしていることが多いのです。デザインの幅広い仕事がしたい方は、インテリアデザイナーを目指すのが良いでしょう。

1-2.仕事内容・職務について

インテリアデザイナーの仕事内容は、室内設計です。企画・基本設計の段階から室内空間の創造にかかわり、クライアントの要望を踏まえながら最適な空間を演出します。家具・照明器具・建物内部の構成やデザインを手がける仕事です。また、家具の色彩的統一、設置場所など快適に暮らすための相談やコンサルティングも行います。

1-3.職場・求人・年収について

一般的なインテリアデザイナーは、家具メーカーや設計事務所などに就職して、経験・実績を積んでいきます。会社に属しているときの平均年収は、大卒初任給で約20~25万円、専門学校卒で約18~23万円です。実績や経験を積んで独立する場合は、経験・能力によって異なるでしょう。気になる求人傾向は、需要が高まってきているため、就職・転職に困ることはありません。一般住宅・オフィス・店舗・ホテル・レストランなど活躍の場が広がっています。

1-4.魅力・将来性について

インテリアデザイナーの魅力は、自分の手で空間をつくり、多くの人に喜んでもらえることです。さまざまな場所で活躍できるのはもちろんですが、ホテルや公共施設などの大きな仕事になると、コンペに勝ち抜いて、プロジェクトをすすめていきます。完成したときの達成感やクライアントからの感謝・周囲からの高評価は、インテリアデザイナーとしての醍醐味(だいごみ)です。
近年はリノベーションやリフォームの需要が高まり、インテリアデザイナーの仕事の幅も広くなっています。実績・経験を積めば、海外からの仕事も入るでしょう。

1-5.最近の傾向

現在は、地球温暖化対策などのエコ活動に注目が集まっており、インテリアデザインに関してもナチュラルなスタイルが好まれる傾向があります。たとえば、木材を使用した建物・内装や自然のハーブ・観葉植物を生かしたインテリアデザインです。見た目のデザイン性はもちろん大切ですが、自然との共存にも目を向けると良いでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所