電気工事士の
合格率について知りたい!
第二種は高いって本当?

電気工事士とは、文字どおり電気工事を行うことのできる資格です。電気工事はガス工事や水道工事などと異なり、必ず有資格者が工事を行わなければなりません。そのため、有資格者は建設会社やリフォーム会社・ビルメン(ビルメンテナンス)業界などいろいろなところから求人があります。社会人にも人気の資格であり、取得を目指す方も多いでしょう。

今回は、電気工事士の合格率について解説します。

この記事を読めば、資格取得のための勉強法もバッチリです。電気工事士の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電気工事士の
基礎知識

はじめに、電気工事士の定義や資格取得の方法などを解説します。取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

電気工事士の定義

電気工事士とは、前述のとおり電気工事を行うことのできる資格です。電気工事は正しく行わないと感電事故や火災につながるため、有資格者でないと行うことはできません。

電気工事士には第一種と第⼆種があり、以下のように行える電気工事に差があります。

  • 第一種:第⼆種が行える電気工事・最大電力500kw以内の電気工事
  • 第⼆種:600V以下で受電する設備の電気工事

また、電気工事士の資格を取得して一定の実務経験があれば、非常用予備発電装置の電気工事を行える認定電気工事従事者や、ネオンサインなどの工事を行える特種電気工事資格者の資格を取得することができるのです。

電気工事士の資格取得方法

電気工事士の資格を取得するには、電気技術者試験センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。第⼆種に限り、専門学校や大学・職業訓練校など経済産業省が認定した学校を所定の単位を収めて卒業しても取得できますので、学校に通って取得する方もいるでしょう。

電気工事士の試験は、第一種も第⼆種も受験資格は定められていません。年齢・性別・学歴・職歴に関係なく受験することができます。ただし、第一種の場合は試験に合格しても5年の実務経験(電気関係の大学や短大を卒業していれば3年)がなければ、免許が交付されません。そのため、無資格無経験の方が電気工事士の資格取得を目指す場合は、まず第⼆種から挑戦しましょう。

なお、試験に合格していれば、いつでも免許を各自治体の都道府県知事に申請しても大丈夫です。そのため、第一種の試験を受けて合格し、実務経験を積んでから改めて免状を交付してもらう方もいます。

資格取得のメリット

前述のとおり、電気工事士は電気工事を行う職場にはなくてはならないものです。そのため、建設会社やリフォーム会社・電気工事の会社だけでなく、家電量販店やビルメン(ビルメンテナンス業務)の会社からも、常に一定の求人があります。また、自分で電気工事の会社を起業することも可能です。

電気工事士の資格を取得すれば、転職の武器になります。電気工事士の給与は300万円~ですが、資格取得後に実務経験を積み、さらに資格を取得していけば給与もアップし、昇進ものぞめるでしょう。

また、第一種電気工事士の資格を取得すれば、自動的に電気工事施工管理技士の受験資格も得られます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所