電気主任技術者

電気主任技術者の仕事に
興味のある人集まれ!
仕事内容と資格を解説!

電気技術者として働きたいのなら、電気主任技術者の資格取得を目指しましょう。電気は、私たちの暮らしに欠かすことができないエネルギーのひとつです。ただし、取り扱いを間違えると危険で、大きな事故につながることもあります。電気設備を正しく取り扱い、日々の点検や保安管理を行うことで、安心して使用できるのです。今回は、電気主任技術者の主な仕事内容や役割を学ぶと共に、資格試験合格のためのコツなども詳しく解説します。

この記事を読むことで、電気技術者として働くために必要なことが分かり、資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事を読み進め、内容をしっかり頭に入れてください。

01. 01. 電気技術者とは?

最初に、電気技術者の役割・主な業務・種類など詳しく解説します。選任義務についても理解しておきましょう。

1-1.電気主任技術者について

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事や維持および運用に関する保安監督を行うための国家資格で、電験と呼ばれることもあります。電気工事に関する資格としては、電気工事士も人気です。電気工事士は電気工事を行う資格ですが、電気主任技術者は電気工事を行うことができません。電気工事士と電気主任技術者では、職務が異なることを理解してください。

1-2.電気主任技術者の制度について

電気主任技術者制度の歴史は古く、1896年に電気事業取締規則で主任技術者が取り入れられました。制度は随時見直しや改定が続き、1995年の電気事業法の改正により、第44条に資格の根拠が記載されたのです。電気技術の発達と共に、電気主任技術者への期待と責務が大きくなってきています。

1-3.電気主任技術者の役割や主な業務

電気主任技術者の主な業務は、事業用電気工作物の適切な運用・維持・保管管理に努めることです。また、従業員の安全教育の実施も大切な役割となります。電気に関する正しい知識を身につけているからこそ、日々の安全運用を任せることができるのです。電気主任技術者は、事業用電気工作物に関するプロフェッショナルと言っていいでしょう。

1-4.電気主任技術者の種類

電気主任技術者は、第一種から第三種まで3つの種類に分かれます。各種類の取り扱い可能範囲に関しては、以下を参考にしてください。

  • 第一種:すべての事業用電気工作物
  • 第二種:電圧が17万V未満の事業用電気工作物
  • 第三種:電圧が5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kW以上の発電所は除外)

1-5.電気主任技術者の必要性や選任義務について

電気事業法の規定により、企業が事業用電気工作物を設置する場合は、保安監督を行う主任技術者を選任する義務があります。選任義務がある事業所は、電力会社や発電所・変電所だけでなく、工場・病院・商業施設・宿泊施設など多種です。電気主任技術者の資格取得者は、企業からの必要性が高く、貴重な人材と言えるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所