【必見】設備工事には
どんな資格が必要?
人気の資格を詳しく解説!

百貨店などの商業施設や図書館などの公共施設・オフィスビルや工場に至るまで、多くの建物や施設にはトイレ・空調・電気などの設備が整っています。設備工事は、建物や施設の設備工事を行うことです。設備工事が適切に行われているからこそ、利用者が快適・安心できます。設備工事の需要は高く、就職や転職を考えている人も多いことでしょう。そこで、今回は、設備工事について、人気の資格についても詳しく解説しましょう。

この記事を読むことで、設備工事に関する資格が理解でき、取得に向けて適切な準備を進められるようになります。まずは、記事を読んでみてください。

01. 設備工事について

最初に、設備工事に基本として、主な仕事や職場・必要性を解説します。

1-1.設備工事とは

設備工事とは、建物および施設の運営に必要な工事のことです。たとえば、電気工事・管工事・ガス工事などがあります。建物や施設を建築しても、電気・水道・ガスなどが使用できなければ困るでしょう。適切な設備工事を行ってこそ、快適に過ごすことができるのです。

1-2.設備工事の主な仕事

設備工事の主な仕事は、電気工事・管工事・ガス工事など設備運営に必要な工事を行うことです。設備工事を設計どおりに正しく進めることで、安心して設備を利用できるようになります。また、点検の結果不具合が発生したときには、修繕工事を行うことも大切な仕事です。

1-3. 設備工事の職場や必要性について

設備工事の職場は、ありとあらゆるところにあります。建物や施設には、各種設備が必要不可欠です。そのため、職場がなくなることはありません。実際には、設備工事会社などに就職し、現場に派遣となって働くことになります。多くの人が快適に建物や施設を利用するためにも、設備工事の必要性は高いのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所