衛生管理者の活かし方を知りたい! 主な職場や資格取得のメリットは?

衛生管理者の活かし方を知りたい! 主な職場や資格取得のメリットは?

1.衛生管理者の主な職場や活かし方

最初に、衛生管理者の主な職場や活かし方などを見ていきましょう。

1-1.衛生管理者の定義や職務・選任条件

衛生管理者とは、労働安全衛生法に基づき職場の衛生改善・病気の予防・労働衛生教育の実施などを職務とする資格です。従業員数が以下の条件を満たす職場は、衛生管理者を指定の人数以上選任する義務があります。

  • 50~200人以下:1人
  • 201~500人以下:2人
  • 501~1,000人以下:3人
  • 1001~2,000人以下:4人
  • 2001~3,000人以下:5人
  • 3001人以上:6人

また、衛生管理者として選任されるためには、以下のいずれかの資格が必要です。

  • 衛生工学衛生管理者免許
  • 第一種衛生管理者免許
  • 第二種衛生管理者免許
  • 医師または歯科医師
  • 労働衛生コンサルタント
  • そのほか厚生労働大臣の定める者(保健体育の免許所持者など)

1-2.衛生管理者は3種類ある

なお、衛生管理者には、以下の3種類があります。3種類の違いは、担当可能な業種や業務の範囲です。なお、最上位資格は衛生工学衛生管理者となります。

  • 衛生工学衛生管理者:法定の有害業務で一定の業務を行う有害業務事業場
  • 第一種衛生管理者:農林畜水産業・鉱業・建設業などの指定業種
  • 第二種衛生管理者:そのほかの業種

1-3.衛生管理者は幅広い業種や職場で活躍可能

衛生管理者は、常時50人以上の従業員が働く職場に必要不可欠な資格です。従って、幅広い職場で資格を活かすことができます。特に、以下のような業種で活躍することができるでしょう。

  • ホテル業
  • 運送業
  • 建築業
  • 製造業

なお、第二種よりも第一種のほうが対応可能業種が増えるため、活躍の場が広がります。

1-4.実務経験や専門知識がある証明になる

衛生管理者資格を取得すると、転職時などに労働衛生の実務経験や専門知識があることの証明になります。無資格者と比較すれば、採用で有利に働くことでしょう。また、仕事へのやる気をアピールする場面でも、資格を取得済みであることは説得力を持ちます。企業にとって、採用したい人材と思わせるに十分と言えるでしょう。

2.衛生管理者の資格を取得するメリットや適性

衛生管理者の資格を取得する主なメリットや適性がある人について解説します。

2-1.資格取得で就職・転職・昇進に有利

衛生管理者の資格取得には、以下のようなメリットがあります。

  • 就職・転職の際の差別化になる
  • 昇進に有利な条件となる
  • 昇給したり資格手当が支給されたりすることがある
  • 衛生管理のプロとして専門性の高い仕事ができる

2-2.労働衛生に強い関心や向上心がある人が向く

衛生管理者に適性があるのは、以下のような人です。

  • 労働衛生に強い関心がある
  • 向上心がある
  • 真面目に業務をこなすことができる
  • 常に新しい技術・知識の習得に努力できる
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所