行政書士の資格取得や試験の勉強法とは?

行政書士として働きたい!
資格の取得方法や
試験の勉強法を解説!

国家資格の1つである行政書士は、社会保険労務士や税理士と並ぶ士業資格です。頼れる法律家ともいわれており、テレビドラマやコミックで取り上げられることも多く、世間の認知度も高まってきています。しかし、まだ知られていない職業でもあるため、「どういう仕事をするのか?」「行政書士の資格取得方法がわからない」など、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、行政書士の基礎知識や資格・試験・試験勉強の方法などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、行政書士の基礎知識や資格取得のための情報を知ることができます。行政書士として働きたいと思っている方は、ぜひチェックしてください。

01. 01. 行政書士の
基礎知識

行政書士として働くためには、基本的な知識を身につけておかなければなりません。どのような仕事なのか、目的やできること、司法書士との違い、業務・魅力について詳しく説明します。

行政書士ってどんな仕事

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格の1つです。弁護士・弁理士・司法書士・社会保険労務士・税理士・土地家屋調査士・海事代理士と並ぶ、8士業の1つでもあります。日本の行政は、福祉行政が重視されているため、官公署への書類を提出する機会が増えているのです。たとえば、産業廃棄物の業務開始やNPO法人の申請など、必要な書類を提出しなければなりません。しかし、書類作成のためには高度な知識を要することもあります。そんなときに、大きな役割を担うのが、法律のプロである行政書士なのです。

目的・できること

行政書士は、法律の専門科です。依頼者が必要としている書類を、素早く正確に作成すします。官公署に申請する書類は膨大ですが、専門知識を持っているプロは的確に作成できるのです。また、相談から書類作成・提出代理まで行います。さらに、会計記帳や決算・財務諸表など会計業務に関わり、ビジネスコンサルタントとしての役割も担っている職種です。

司法書士との違いなど

行政書士・司法書士どちらとも“書士”という名前がついていますよね。どちらとも法律関係の資格ですが、仕事・収入・試験の合格率と3つの違いがあるのです。それぞれの違いについて詳しく以下に記してみました。

仕事の違い

  • 行政書士:官公署へ提出する書類作成や手続き代理などを中心に行う
  • 司法書士:法務局・裁判所・検察庁などに提出する書類作成や手続きの代理を中心に行う

収入の違い

  • 行政書士:およそ400万~600万円
  • 司法書士:およそ600万~800万円

試験の合格率

  • 行政書士:およそ3~10%前後
  • 司法書士:およそ2%前後

業務について

行政書士の主な業務は、官公署へ提出する書類または、事実証明に関する書類の作成です。これらは、独占業務といわれており、行政書士だけが行える業務といえます。以下に、行政書士の業務内容をまとめてみました。

  • 官公署に提出する書類の作成と、その代理・相談業務
  • 権利業務に関する書類の作成と、その代理・相談業務
  • 事実証明に関する書類の作成と、その代理・相談業務
  • 創業支援サポート
  • 補助金・助成金の申請支援サポート
  • 中小企業に対するビジネスコンサルティング業務

魅力について

行政書士の魅力は、許認可申請のプロフェッショナルであることです。法律関係がわからない一般人からしてみると、官公署の申請に必要な書類の作成は困難と言えます。しかし、法律や許認可申請に詳しい行政書士に依頼すれば、的確かつスピーディーに作成・提出が可能です。一般市民の力になれること、また、中小企業に対して法務的観点からのアドバイスができることも、行政書士の魅力となります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所