消防設備士の受験資格

消防設備士の受験資格は?
指定学科の
卒業以外も詳しく解説!

消防設備士は、建物の消防設備の設置や点検などを行うことができる国家資格です。資格取得者は、就職や転職に有利になるため、人気が高まっています。しかし、消防設備士の資格を取得するためには、国家試験に合格するなどの条件が必要です。まずは、受験資格を満たしているかどうかを確認しておきましょう。今回は、消防設備士の受験資格について、試験概要や合格のコツを含め、詳しく解説します。

この記事を読むことで、消防設備士の受験資格が詳しく分かり、試験の準備を適切に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。


01. 消防設備士とは

最初に、消防設備士の基本を解説します。

1-1.消防設備士とは?

消防設備士とは、スプリンクラーや自動火災報知機などの消防用設備の管理などを行うことができる国家資格です。消防設備士は、消防法に準拠しています。1965年の法律改定以降、消防用設備の点検・整備・工事を行うためには資格取得が必要です。

1-2.消防設備士の職務やできること

消防設備士の主な職務は、以下のとおりです。

  • 消防用設備等の工事・整備・点検
  • 消防用設備の使用に関する教育

なお、工事は甲種取得者だけが認められており、乙種の取得だけでは行うことができません。また、甲種・乙種共に免状に記載のある種類の消防用設備だけを扱うことができます。

1-3.消防設備士の種類

消防設備士には、甲種と乙種の2種類があります。それぞれについて詳しく解説しましょう。

1-3-1.甲種

甲種には、以下の6つの区分があります。それぞれの区分で取り扱うことができる設備は、以下をご覧ください。なお、特類は甲種だけにある区分です。

  • 第1類 :屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備・屋外消火栓設備
  • 第2類 :泡消火設備
  • 第3類 :不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備
  • 第4類 :自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類 :金属製避難はしご・救助袋・緩降機
  • 特類 :特殊消防用設備など

1-3-2.乙種

乙種の区分は7つで、それぞれで取り扱いができる内容は以下のとおりです。

  • 第1類 :屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備・屋外消火栓設備
  • 第2類 :泡消火設備
  • 第3類 :不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備
  • 第4類 :自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類 :金属製避難はしご・救助袋、・緩降機
  • 第6類 :消火器
  • 第7類 :漏電火災警報器

1-4.消防設備士の資格を取得するメリット

消防設備士の資格を取得すると、さまざまなメリットがあります。主なものは、以下を確認してください。

  • 就職・転職を有利に進めることができる
  • 年収アップにつながる
  • 仕事の幅が広がる
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所