消防設備士のテキスト活用方法は? 合格をつかむコツを詳しく!

消防設備士のテキスト活用方法は? 合格をつかむコツを詳しく!

「消防設備士試験に向けてどんなテキストがあるのか」「テキストを効率よく活用する方法を知りたい」とお考えではないでしょうか。確実に合格するためには、良質なテキストと計画的な学習が必要不可欠ですよね。そこで、今回は、消防設備士のテキストについて詳しく解説します。

  1. 消防設備士の基本知識
  2. 消防設備士のテキストの選び方
  3. 消防設備士の試験について
  4. 消防設備士のテキストに関するよくある質問

この記事を読むことで、消防設備士のテキストについてよく分かり、試験合格に向けて効率よく活用できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.消防設備士の基本知識

最初に、消防設備士の職務や就職状況などを見ていきましょう。

1-1.消防設備士の概要と種類

消防設備士とは、消火設備や警報設備・非難設備の設置工事や点検整備を行うための国家資格です。消防設備士には甲種・乙種があり、それぞれに以下のような種類があります。それぞれ、合格した区分の指定設備を取り扱い可能です。

甲種

甲種は、消火設備や警報設備・非難設備の設置工事や点検整備を行うことができます。

  • 第1類 :屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備・屋外消火栓設備
  • 第2類 :泡消火設備
  • 第3類 :不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備
  • 第4類 :自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類 :金属製避難はしご・救助袋・緩降機
  • 特類 :特殊消防用設備など

乙種

乙種は消火設備や警報設備・非難設備の点検整備を行うことができます。なお、工事はできません。

  • 第1類 :屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備・屋外消火栓設備
  • 第2類 :泡消火設備
  • 第3類 :不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備
  • 第4類 :自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類 :金属製避難はしご・救助袋、・緩降機
  • 第6類 :消火器
  • 第7類 :漏電火災警報器

1-2.消防設備士の必要性は高い

消防設備士は、多くの人が活動する現場では必ず必要な人材です。万が一火災が発生しても、必要な設備を使用して速やかに対応できれば、被害を最小限に抑えることができます。消防設備士は、消防設備のスペシャリストとして常に人々が安全に活動できるようサポートしているのです。

1-3.消防設備士の就職場所は豊富

消防設備士は、主に以下のような職場で活躍しています。

  • ホテルなどの宿泊施設
  • 映画館・劇場
  • デパートなどの商業施設
  • ビル管理会社

そのほかにも不特定多数の人が利用する場所では消防設備士が必要になるため、就職場所には困らないことでしょう。

1-4.就職や転職に有利など多くのメリットがある

消防設備士の資格取得には、以下のようなメリットがあります。

  • 就職や転職に有利
  • 昇進やキャリアアップにつながる
  • 昇給したり資格手当がついたりすることがある
  • 専門性が身につき企業に必要な人材になる

2.消防設備士のテキストの選び方

消防設備士合格に向けて、テキストの選び方やおすすめのテキストを紹介します。

2-1.ポイントが分かりやすく最新の試験内容に対応していること

消防設備士のテキストを選ぶときは、以下のポイントをチェックしてください。

  • 受験する種類・区分に対応しているか
  • ポイントが分かりやすくまとまっているか
  • 最新の試験内容に対応しているか
  • 利用者の評価がいいか
  • 単純なテキストか、問題集兼用か
  • 不明点などのサポートシステムはあるか

2-2.消防設備士のテキストを紹介

消防設備士のテキストで、特におすすめのものを3つご紹介します。

2-2-1.「消防設備士1類 超速マスター」

2013年4月に出版された「消防設備士1類 超速マスター」は、甲種・乙種それぞれ1類取得を目指すためのもので、多くの図版と丁寧な解説が好評のテキストです。問題集も兼ねているため、合格への実戦力を高めることができます。

2-2-2.「わかりやすい!第4類消防設備士試験」

2017年12月に出版された「わかりやすい!第4類消防設備士試験」は、需要の多い第4類の消防設備士試験向けで人気のテキストです。甲種・乙種併用で対応でき、4種消防設備士のエキスパートを目指す人にもおすすめできます。

2-2-3.「ユーキャンの消防設備士第6類速習テキスト&模試2回 」

2018年1月に出版された「ユーキャンの消防設備士第6類速習テキスト&模試2回 」は、イラストや語呂合わせで分かりやすく学べ、実戦力もつくと好評です。第6類の甲種・乙種消防設備士を初めて受験する人にもおすすめします。

3.消防設備士の試験について

消防設備士の試験勉強の方法やコツについて詳しく解説します。

3-1.甲種は受験資格を満たす必要がある

甲種は、以下のような受験資格が必要です。

  • 大学・短期大学・高等専門学校で機械・電気・工業化学・土木もしくは建築に関する学科・課程を履修して卒業
  • 水産大学校にて機械・電気・工業化学・土木・建築に関する授業科目を15単位以上修得済み
  • 受験する類以外の甲種消防設備士免状の交付を受けている
  • 乙種消防設備士免状の交付後2年以上の実務経験がある
  • 電気工事士免状の交付を受けている
  • 第1種・第2種・第3種電気主任技術者のいずれかで免状の交付を受けている
  • 技術士の第二次試験に合格済み

なお、より詳しい内容はこちらを参考にしてください。ちなみに、乙種は受験資格がないため、誰でも希望すれば試験を受けることができます。

3-2.消防設備士の試験概要

消防設備士の試験概要は、以下をご覧ください。

  • 試験日時:2~3か月に1回程度、土曜日もしくは日曜日
  • 受験地:全国の一般財団法人消防試験研究センター
  • 受験料:甲種5,700円・乙種3,800円
  • 申し込み方法:書面を郵送もしくはインターネットで電子申請
  • そのほかの注意点:受験地は現住所・勤務先に関係なく自由に選ぶことができる

なお、より詳しい内容はこちらを参考にしてください。

3-3.消防設備士の試験内容

消防設備士の試験内容は、以下をご覧ください。

3-3-1.甲種の試験内容

甲種の試験内容は、以下のとおりです。

  • 特類:筆記試験(消防関係法令15問、工事整備対象設備などの構造・機能・工事・設備15問、工事整備対象設備等の性能に関する火災・防火15問)
  • 特類以外:筆記試験(消防関係法令15問、基礎的知識10問、消防用設備などの構造・機能・工事・整備20問)および実技試験(鑑別など5問、製図2問)

なお、筆記試験は4肢択一式・実技試験は記述式です。特類に実技試験はなく、試験時間は特類が2時間45分・特類以外が3時間15分となります。

3-3-2.乙種の試験内容

乙種の試験内容は、以下をご覧ください。乙種は、全種類同じ試験内容です。

  • 筆記試験(消防関係法令10問、基礎的知識5問、消防用設備などの構造・機能・整備15問)および実技試験(鑑別など5問)

なお、筆記試験は4肢択一式・実技試験は記述式で、試験時間は1時間45分です。

3-4.消防設備士の難易度・合格率・合格基準

消防設備士の合格率(平成30年度)は、以下のとおりです。10人受験して3人程度の合格率ですから難易度は中程度以上と言えるでしょう。

  • 甲種:31.1%
  • 乙種:34.7%

なお、合格基準は甲種・乙種ともに筆記試験で各科目40%以上かつ総合60%以上、甲種特類以外はさらに実技試験で40%以上の得点となります。

3-5.良質なテキストの活用と計画的な学習がカギ

消防設備士に合格するためには、良質なテキストの活用と計画的な学習がカギになります。試験内容に特化したテキストを、コツコツと学ぶことで合格できる実力がつくのです。基本が身についたら、過去問を繰り返し解くといいでしょう。まずは、試験日から逆算して無理なく学習できるよう、スケジュールを組んでください。1日20分程度、通勤途中や帰宅後すぐなどのすき間時間を使うと挫折しにくくておすすめです。

4.消防設備士のテキストに関するよくある質問

最後に、消防設備士のテキストに関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.古いテキストでは十分な対策ができない?
A.試験の傾向が徐々に変わってきているため、場合によっては不十分になる可能性があります。もちろん、古いテキストでも学習が無駄になることはありません。しかし、合格を手にするためにはなるべく新しいテキストのほうが有利です。

Q.次回の受験対策のために試験問題を持ち帰ってもいい?
A.いけません。消防設備士試験では、試験問題の持ち帰りは厳禁です。発覚した場合は、失格扱いとなるので絶対にやめましょう。

Q.テキストの学習効果をより高めるコツは?
A.テキストを読んだら、問題を解いてみることをおすすめします。テキストをただ読んだだけでは知識が定着しにくいからです。間違えたときは再度テキストを繰り返し読んで、基本を確認してください。

Q.たくさんのテキストで学習したほうがいい?
A.多くても、2~3冊までに厳選しましょう。たくさんテキストを用意したことで満足してしまい、結局手をつけずに終わりやすいからです。自分に合ったテキストを繰り返し学習して確実に実力を高めましょう。

Q.学習途中でもテキストを変えていい?
A.テキストを実際に使ってみて自分に合わないと感じるのなら、ほかのテキストに変更してもいいでしょう。次のテキストは、今のテキストの不満点(ポイントが分かりづらい・見づらい・文章量が多すぎるなど)を解消できるものを選んでください。

まとめ

今回は、消防設備士のテキストについて詳しく解説しました。消防設備士に合格するためには、日ごろから計画立てて勉強することが必要です。また、効率よく合格力をつけるためにも、良質なテキストを選び、繰り返し読んで頭に入れましょう。テキストの内容を覚え、過去問や問題集を何度も解くことで実力がつくのです。確実に合格するためにも、この記事を参考に自分に合った良質なテキストを選んでください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所