土木施工管理技士の資格取得のコツを解説!

土木施工管理技士になりたい!
合格するための勉強法・
資格取得のコツを解説!

土木施工管理技士は、現場系の資格の中でも土木工事に特化した内容となります。土木工事は、あらゆる建築工事の基本であり、きちんとした施工管理が重要です。そのためにも、土木施工管理技士の資格に関する需要は、ますます増えてくることでしょう。そこで、今回は、土木施工管理技士の資格取得のコツについて詳しく解説することにします。資格取得を目指している人は、必見ですよ。

記事を読むことで、土木施工管理技士の基本がわかるほか、資格取得のためのコツが理解できます。実際の試験でも、有利に運ぶことができるでしょう。本気で資格取得を考えている人は、最後までじっくり読んで必要な知識を頭に入れてください。試験日まで、気を抜かずに頑張ることで資格を手に入れることができますよ。

01. 01. 土木施工管理技士とは
どんな仕事?

まずは、土木施工管理技士の基本を学びましょう。種類や職務を理解することも大切なことです。

土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは、復興工事を含む土木工事全般の工程管理を行います。土木工事は、道路・河川・橋・鉄道・港湾・空港など、私たちのライフラインを造成・整備する工事です。物流システムも、ライフラインが整備してあるからこそスムーズに流れることができます。しかし、設計どおりに工事を進めるためには、土木施工に詳しい専門家が必要です。土木施工管理技士は、土木工事を確実かつ安全に進めるために欠かすことができない存在と言えます。

土木施工管理技士の種類について

土木施工管理技士は1級と2級の2種類があり、1級が上位資格となります。

  • 1級土木施工管理技士:土木工事において主任技術者または監理技術者として職務に当たる
  • 2級土木施工管理技士:土木工事において主任技術者として職務にあたる

また。資格試験のとき、2級は「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」と区別があり専門分野が決まっていることに比べ、1級は専門分野の区別が無いことが特徴です。当然ながら、1級の方が幅広い知識や経験を問われることになります。

土木施工管理技士の職務は?

土木施工管理技士の職務は、土木工事が計画どおりに安全に進めるように工程管理・安全管理をすることです。常に進み具合をチェックするほか、安全に作業ができているか・設計どおりに工事が行われているか、なども含みます。間違ったやり方で工事が進んでしまうことが無いように常に指示を統一し、作業工程を監視しているのです。土木施工管理技士は、管理者としての職務に当たります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所