医療事務資格の難易度や勉強方法、取得後の進路を紹介

医療事務の資格を取りたい!
難易度や勉強方法、
取得後の進路を紹介

医療事務とは病院や歯科医院などで行う事務処理の総称です。医療に関する専門的な知識が必要な仕事なので、一般事務に比べると給料が高い傾向にあり、求人もたくさんあります。また、医療事務の資格は人気があり、通信教育などを利用して取得を目指す方も大勢いることでしょう。しかし、医療事務の資格はたくさんあり、それぞれに主催する団体が異なる民間資格であることはあまり知られていません。

そこで、今回は医療事務職で働く方法や資格を取得するメリット、取得すると就職や転職に有利な資格などをご紹介しましょう。

この記事を読めば、医療事務職で働くために必要な知識や資格を取得するための勉強のコツなども分かりますよ。医療事務の資格を取得してみたいと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 医療事務
の基礎知識

はじめに、医療事務とはどのような仕事かということや、働くために必要な条件などをご紹介します。一般事務との違いはなんでしょうか?

医療事務とはどんな職務?

医療事務とは、病院や歯科医院・調剤薬局など医療現場で行われる事務処理全般のことです。

  • 来院した患者さんの受け付け
  • カルテ(電子・紙)の作成・整理
  • 患者さんの入退院の手続き
  • 診察料の計算と会計
  • 診療報酬明細書(レセプト)の作成

などが主な仕事です。総合病院などの大きな病院では事務職だけを行いますが、個人クリニックなど小さな病院では、患者さんの案内や予約の受け付けなどの仕事をすることもあるでしょう。

一般事務職との違い

医療事務ならではの仕事には、診察料の計算と診療報酬明細書(レセプト)の作成があります。健康保険の加入者が医療機関にかかると、費用の一部だけが個人負担となり、残りが健康保険から支払われるのです。患者さんが加入している健康保険によって、付加給付などが変わってきます。医療事務職に就くと、健康保険の種類によって診察料を計算しわけて、診療報酬明細書(レセプト)を作成して健康保険組合に医療費の請求をしなければなりません。
医療には保険診療と自由診療があり、病院によっては保険診療と自由診療の両方が受けられるところもあります。ですから、病院によっては医療費の計算や診療報酬明細書(レセプト)の作成が大変複雑になることもあるでしょう。万が一計算間違いをすれば、患者さんだけでなく病院や健康保険組合にも迷惑がかかります。
医療事務は事務職の中でも高度な知識と経験が必要な仕事といえるでしょう。

医療事務に就くには資格が必要?

医療事務に就くには、資格が必要と思っている方は多いのではないでしょうか? 通信教材でも、医療事務の資格は人気です。また、仕事にブランクがある女性が医療事務の資格を取得して再就職を目指す、というケースもたくさんあります。
しかし、医療事務を行うのに資格は必要ありません。医療事務に関する資格は豊富ですが、前述したようにそれらはすべて民間団体や企業が作った民間資格です。

医療事務の資格が人気なのはなぜ?

医療事務を行うのに資格は必要ないとご説明しましたが、医療事務の仕事自体は未経験者では務まりません。もちろん、職場で教わることもできますが、最低限の知識は持っていないと仕事にならないでしょう。資格は、自らの知識を証明するために使えます。民間資格というと、「あまり役にたたないのではないか」と思う方もいるでしょう。しかし、多くの企業で英語力を測る目安として使われている英検やTOIECも民間資格です。
ですから、資格を取得していれば、自分の知識をアピールすることができ、転職や就職に有利に働くでしょう。

02. 医療事務職
の種類は?

医療事務職と一口にいっても、いろいろな種類があります。健康保険が使われる場所は、病院・歯科医院・調剤薬局・介護施設などがあり、それぞれ保険点数の計算の仕方などが違うのです。また、介護施設の場合は、医療保険に加えて介護保険の知識も必要になります。

大きな病院では、診療報酬明細書(レセプト)を作成する人と、完成したレセプトや患者のカルテをコンピューターに入力する人が、それぞれ別の場合も珍しくありません。入力業務を専門に行う人を医療事務オペレーターといい、こちらも技術力が必要とされます。この他、病院によっては医師の秘書のような役割を担うこともあるでしょう。

このように、医療事務の仕事は多岐にわたり、それぞれに専門的な知識が必要です。そのため、資格の種類も豊富で、今では医療事務にかかわる資格は30種類以上あります。

03. 医療事務資格の
種類について

この項では、医療事務資格の代表的なものや取得する資格を選ぶコツ・注意点などをご紹介します。どのような資格があるのでしょうか?

代表的な医療事務資格

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは、日本医療保険事務協会が主催している資格です。診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図るために作られました。診療報酬明細書(レセプト)の作成など、診療報酬請求事務を行うための知識と事務処理能力を認定する試験であり、医科と歯科の2種類があります。

医療事務に関する資格の中では最も知名度が高い資格の一つで、毎年十万人以上の方が挑戦する試験です。この資格を取得していれば、資格手当をつけるという医療機関も多いでしょう。

受験資格は必要なく、誰でも受験することができます。毎年7月・12月の2回実施され、受験料は7,500円です。申し込み方法には、電子申請と郵送による申し込み方法がありますので、詳しくは協会のホームページを確認してください。医療事務を学べる専門学校の中には、学校がまとめて申し込みを行ってくれるところもあります。

試験地は全国の主要都市で行われるので、協会のホームページを確認しましょう。難易度はそれほど難しくないと紹介されることが多いのですが、合格率は29%と高くはありません。しっかりと勉強をして試験にのぞみましょう。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク検定)

医療事務技能審査試験は、日本医療教育財団が主催している資格です。医療事務業務職として働く人々の技能の程度を審査し、証明するために作られました。2011年までは1級と2級に分かれていましたが、現在は一つに統一されています。受験資格も以前はありましたが、現在は問われません。資格情報サイトなどでは情報が更新されていないところもあるので、必ず財団のホームページを確認して最新の情報を得ましょう。

学科試験と実技試験があり、実技試験では診療報酬請求事務の明細書点検やコミュニケーション能力・患者さんへの接し方などが採点されます。学科は、医療事務専門知識を問われる試験です。

試験は、毎月開催されており、申し込み方法や手順は財団のホームページからPDF形式でダウンロードができます。まずは資料を読んで、受験の申し込みをしましょう。受験費用は6,500円で、合格者にはメディカルクラークの称号が与えられます。合格率が65%~70%と比較的高い試験です。

医療事務管理士技能検定試験

医療事務管理技士技能検定試験は、技能認定振興協会が主催している資格です。医療事務管理技士とは、協会が商標登録をしている独自の名称になります。

患者さんの受け付け・治療費の計算・診療報酬明細書(レセプト)の作成・カルテ管理など、医療事務の幅広い分野に対する専門的な知識と高い技能を証明する資格です。受験資格はありません。インターネットに接続したパソコンがあればいつでも試験を受けることができるIBT試験も導入されています。ですから、家を空けにくい方でも受験可能です。
一般的な試験は、2か月に1度実施されています。受験費用は7,500円、協会のホームページから電子申請で受験申し込みも可能です。資料請求の方法などは協会のホームページから確認してください。

チャレンジする資格の選び方

前項で3つの資格をご紹介しましたが、どれも医療事務職として働くために必要な知識や技能を証明するという点は共通しています。ですから、資格を取得するならばより難易度が高く知名度のある資格の方がよいでしょう。

取得が容易な資格はそれだけ取得者も多く、他の方との差別化が図りにくいというデメリットがあります。また、資格の中には企業が行っている講習を受けないと取得ができないものもあるので、受験資格・資格取得の条件をよく確認することが大切です。

前述したように、一口に医療事務といっても病院・歯科医院・介護施設・調剤薬局では必要な知識も違いますし、有利に働く資格も異なります。ですから、自分が働きたい場所はどこなのかを考えてから取得に挑戦する資格を選びましょう。特に決まっていない場合は、比較的求人が多い病院医療事務を行うために必要な能力を証明する資格がおすすめです。

経験も大切

医療事務は、知識と共に経験も大切です。医療機関が医療事務職を募集する際、有資格者と共に経験者を優遇するケースも多いでしょう。ですから、いくら資格を取得しても未経験者が条件の良い仕事に就くには、厳しいものがあります。

医療事務職のメリットは、短時間・短期間の求職も多く、フルタイム勤務が難しい方でも比較的働きやすいということです。経験を積むために資格を取得したら、派遣会社などに登録して、短期の仕事に連続して就くというのもよいでしょう。

医療事務は、診療報酬明細書(レセプト)を作成する期間が最も人手が必要になります。そのため、その期間だけ派遣の事務員を増やすという病院も多いのです。短期の仕事でも経験になります。正社員の職を得るための準備期間と割り切って考えてみましょう。

04. 資格取得の
勉強方法

医療事務に関する資格を取得するための勉強方法としては

  • 参考書を買って独学
  • 通信教材を利用する
  • 専門学校に通う

といった方法があります。診療報酬請求事務能力認定試験のように、合格率が30%を切る試験ですと、全く知識がない方が独学で勉強するのは難しいこともあるでしょう。知識がない方が一から勉強して資格を取得するには、通信教材や専門学校の講座がおすすめです。専門学校も常時通学しなければならないもの以外に、通信教育講座などもあります。

医療事務に関する資格試験の中には、実際に診療報酬明細書(レセプト)を作成したり患者さんとの接し方を審査される試験もあるので、暗記以外の勉強も必要です。独学で勉強する場合は参考書をよく読み、参考書に書かれていることは必ずできるようにしておきましょう。

05. 医療事務試験に関する
よくある質問

Q.男性でも医療事務の資格を取得するメリットはありますか?
A.病院の事務職に就くならば取得しておいて損はありません。

Q.資格取得者は、正社員になりやすいでしょうか?
A.資格取得だけでなく経験も併せ持てば、正社員への道も開けます。

Q.コミュニケーション能力に自信がありませんが、大丈夫ですか?
A.笑顔で人と接することができれば問題ありません。

Q.就職支援を行ってくれるようなところはあるでしょうか?
A.大手派遣業者の中には、教育と職場のあっせんの両方を行っているところもあります。

Q.医療事務の資格取得は簡単と聞きました。本当ですか?
A.国家資格よりは取りやすい傾向にありますが、全く勉強せずに取れる資格はありません。しっかりと勉強をして試験にのぞんでください。

06. 医療事務
まとめ

いかがでしたか? 今回は医療事務に関する資格についていろいろとご紹介しました。資格がたくさんある分、取得する資格をまず決めて勉強を開始しましょう。一般的に知名度の高い資格ほど対策講座も豊富です。

また、全く知識のない方でも比較的取りやすい資格をまず取得し、勉強する習慣をつけたり知識を蓄えたりした後で、知名度の高い資格を取得するのもよいでしょう。医療事務の仕事はパートやアルバイトも豊富に求人がありますので、フルタイムで仕事ができないという方にもおすすめです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所