医療事務資格の難易度や勉強方法、取得後の進路を紹介

医療事務の資格を取りたい!
難易度や勉強方法、
取得後の進路を紹介

医療事務とは病院や歯科医院などで行う事務処理の総称です。医療に関する専門的な知識が必要な仕事なので、一般事務に比べると給料が高い傾向にあり、求人もたくさんあります。また、医療事務の資格は人気があり、通信教育などを利用して取得を目指す方も大勢いることでしょう。しかし、医療事務の資格はたくさんあり、それぞれに主催する団体が異なる民間資格であることはあまり知られていません。

そこで、今回は医療事務職で働く方法や資格を取得するメリット、取得すると就職や転職に有利な資格などをご紹介しましょう。

この記事を読めば、医療事務職で働くために必要な知識や資格を取得するための勉強のコツなども分かりますよ。医療事務の資格を取得してみたいと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 医療事務
の基礎知識

はじめに、医療事務とはどのような仕事かということや、働くために必要な条件などをご紹介します。一般事務との違いはなんでしょうか?

医療事務とはどんな職務?

医療事務とは、病院や歯科医院・調剤薬局など医療現場で行われる事務処理全般のことです。

  • 来院した患者さんの受け付け
  • カルテ(電子・紙)の作成・整理
  • 患者さんの入退院の手続き
  • 診察料の計算と会計
  • 診療報酬明細書(レセプト)の作成

などが主な仕事です。総合病院などの大きな病院では事務職だけを行いますが、個人クリニックなど小さな病院では、患者さんの案内や予約の受け付けなどの仕事をすることもあるでしょう。

一般事務職との違い

医療事務ならではの仕事には、診察料の計算と診療報酬明細書(レセプト)の作成があります。健康保険の加入者が医療機関にかかると、費用の一部だけが個人負担となり、残りが健康保険から支払われるのです。患者さんが加入している健康保険によって、付加給付などが変わってきます。医療事務職に就くと、健康保険の種類によって診察料を計算しわけて、診療報酬明細書(レセプト)を作成して健康保険組合に医療費の請求をしなければなりません。
医療には保険診療と自由診療があり、病院によっては保険診療と自由診療の両方が受けられるところもあります。ですから、病院によっては医療費の計算や診療報酬明細書(レセプト)の作成が大変複雑になることもあるでしょう。万が一計算間違いをすれば、患者さんだけでなく病院や健康保険組合にも迷惑がかかります。
医療事務は事務職の中でも高度な知識と経験が必要な仕事といえるでしょう。

医療事務に就くには資格が必要?

医療事務に就くには、資格が必要と思っている方は多いのではないでしょうか? 通信教材でも、医療事務の資格は人気です。また、仕事にブランクがある女性が医療事務の資格を取得して再就職を目指す、というケースもたくさんあります。
しかし、医療事務を行うのに資格は必要ありません。医療事務に関する資格は豊富ですが、前述したようにそれらはすべて民間団体や企業が作った民間資格です。

医療事務の資格が人気なのはなぜ?

医療事務を行うのに資格は必要ないとご説明しましたが、医療事務の仕事自体は未経験者では務まりません。もちろん、職場で教わることもできますが、最低限の知識は持っていないと仕事にならないでしょう。資格は、自らの知識を証明するために使えます。民間資格というと、「あまり役にたたないのではないか」と思う方もいるでしょう。しかし、多くの企業で英語力を測る目安として使われている英検やTOIECも民間資格です。
ですから、資格を取得していれば、自分の知識をアピールすることができ、転職や就職に有利に働くでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所