再就職に有利な資格を知りたい!難易度や取得方法は?

再就職に
有利な資格を知りたい!
難易度や取得方法は?

転職や再就職をする際、資格を取得していれば前職よりも給与や待遇がよい職を得られる可能性があります。ただし、どんな資格でも取得すればよいというわけではありません。世の中にはたくさんの資格があり、どの資格を取得しようか迷っている方も多いことでしょう。

そこで、今回は再就職や転職に有利な資格や、資格を取得する場合の勉強方法のコツを解説します。

この記事を読めば、再就職に有利な資格のことだけでなく、資格の種類や認知度・有効度などもバッチリ分かるでしょう。転職や再就職を控え、資格を取得したいと考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 資格の
基礎知識

はじめに、資格の定義や種類を解説します。なぜ、取得すると就職に有利なのでしょうか?

資格の定義

資格とは、一般的にその仕事を行うために必要な能力のことを指します。経験や個人の資質が資格になることもありますが、学校を卒業したり試験に合格したりして得た資格ならば、自身が持つ能力を端的に相手に伝えることができるでしょう。資格には以下のような種類があります。

  • 業務独占資格:その資格を取得していないと、業務そのものを行えない(医師・弁護士・建築士など)
  • 名称独占資格:資格取得者以外、その名称を名乗ることができない(介護福祉士・栄養士・調理士など)
  • 必置資格:有資格者を選任しないと業務を行えない資格(美容師・理容師・保育士など)

これ以外の資格は、専門の知識や技術を有しているという証明として使えます。

資格の種類

資格の種類には、以下のようなものがあります。

  • 国家資格:国から依頼を受けた専門機関が試験等を行う資格。権威が高く、業務独占資格や名称独占資格が多い。
  • 公的資格:民間団体が試験などを主催しているが、省庁や大臣が認定している資格。「文科省認定」などがつく。日商簿記やケアマネージャー・ビジネス英検などがある。
  • 民間資格:各種団体が独自に基準を設けている資格。実用技能英語検定(英検)に代表される各種語学検定から、フードコーディネーターや整体師の資格などがある。

再就職や転職に有利な資格とは?

再就職や転職をする際に武器になるのは、知識や経験・技術です。それを裏付ける業務独占資格・名称独占資格・必置資格などがあれば、企業の方から声がかかることもあるでしょう。また、民間資格は国家資格や公的資格に比べるとあまり就職の役に立たないと思われがちですが、語学検定や診断士の資格は、能力を証明するのに役立ちます。また、民間資格は受験資格を必要としないものが多いので、受験しやすいのもメリットです。

資格さえ取得できれば再就職は大丈夫?

資格はただ取得するだけでなく、それを活用して仕事をしなければ意味がありません。特に、国家資格でも取得が比較的容易な資格は取得者も多いため、ただ取得しているというだけではそれほど効果が期待できないものもあるでしょう。逆に、受験資格が定められていなくても合格率が低く、有資格者しかできない仕事が多ければ、未経験でも資格を活用できる仕事に就くことができます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所