ポンプの資格取得を
考えている方へ!
方法やポイントを詳しく解説!

消防ポンプは、消火剤や水などを勢いよく噴射することができます。火災発生時に速やかに消化活動を行うためには、消防ポンプの知識が必要です。慌てることなく適切に扱うことができれば、被害を最小限に食い止めることができます。しかし、消防ポンプを安全に取り扱うためには、資格が必要です。今回は、ポンプの資格取得を考えている方のために、取得方法やポイントを詳しく解説します。

この記事を読むことで、ポンプに関する資格について詳しくなり、資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


01. ポンプに関する資格について

最初に、ポンプに関する資格の基本を学びましょう。

1-1.消防におけるポンプについて

消防ポンプは、被害を最低限に抑えるために重要な役割を持っています。消防ポンプは、持ち運べる可搬消防ポンプを使用することが多いものです。可搬消防ポンプを取り扱うためには、点検や整備を行える専門知識を持った人材が必要になります。扱いを間違えると、沈静化まで長引くだけでなく、二次災害の発生も心配です。

1-2.ポンプの決まりごとについて

消防ポンプは、各自治体が規定する「火災予防条例」により、資格取得者だけが扱うことが可能です。従って、無資格者が整備・点検をすることは危険なだけでなく、条例違反となるので注意しましょう。ポンプは、定期的に点検・整備をし、いつ必要になっても最適な状態に維持する必要があります。特に、可搬消防ポンプは内部にエンジンが搭載されており、安全を確保するためにも。専門知識を持った人が適切に行う必要があります。

1-3.ポンプに関する資格には何がある?

ポンプに関する主な資格には、以下のようなものがあります。

  • 消防設備士
  • 可搬消防ポンプ等整備資格者

1-4.ポンプに関する資格取得のメリット

ポンプに関する資格取得には、以下のようなメリットがあります。

  • 就職や転職に有利になる
  • 社内での昇進・昇給やキャリアアップにつながる
  • 火災の消火という重要な仕事に就くことができる
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所