コーヒーの資格を取得して
バリスタになりたい!
資格の種類や受験方法は?

コーヒーのおいしい淹(い)れ方をマスターして、カフェを開業したい。コーヒー好きならば、1度は抱いたことのある夢だと思います。カフェの本場であるヨーロッパでは、コーヒーのスペシャリストとしてバリスタという職業があり、技能試験も実施されているのです。では、日本ではコーヒーに関する資格はあるのでしょうか?
そこで、今回は日本で実施されているコーヒーの資格や取得方法について解説します。

この記事を読めば、コーヒーに関する資格を取得するメリットもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 日本における
コーヒーの資格とは?

日本では、カフェや喫茶店を開業するために、特別な資格は必要ありません。食品衛生責任者講習会を受講すれば、調理師の資格がなくても開業できます。ですから、日本で取得できるコーヒーの資格は、コーヒーに関する知識やコーヒーを淹れる技量のレベルを証明するために取得するものです。
また、日本で取得できる資格には、国家資格・公的資格・民間資格の3種類があります。コーヒーに関する資格は、すべて民間資格です。ですから、取得したからといって特別なことができるわけではありません。
しかし、前述のとおり知識や技量の証明になるため、カフェや喫茶店を開業する際には宣伝に使えます。カフェや喫茶店はライバル店も多いので、資格を取得しているマスターが淹(い)れるコーヒーをウリにすれば、他店との差別化もはかれるでしょう。

02. 日本で取得できる
コーヒーの資格について

この項では、日本で取得できるコーヒーの資格について解説します。どのような種類があるのでしょうか?

2-1.講習と検定が必要な資格

カフェや喫茶店を開業し、マスターを一生の仕事にしたいと考えている人におすすめの資格が、

の3つです。いずれも、講習を受けたり認定校のカリキュラムを卒業したりした人しか検定を受けることができません。つまり、検定に合格すれば、確実にコーヒーについての知識とおいしい淹(い)れ方が身につきます。中でも、バリスタライセンスを取得すれば、エスプレッソやカプチーノといったコーヒーの淹(い)れ方の技術も上がるでしょう。どの資格もコーヒー通の間では一定の知名度がありますので、取得しておけば一目おかれます。

2-2.通信講座等で取れる資格

通信講座でも、以下のようなコーヒーに関する資格が取得できます。

このような通信講座は、家に居ながらにして教材を使ってコーヒーのおいしい淹(い)れ方を学ぶことが可能です。「何か、習い事をしたいけれど、教室が近くにない」という人にも人気があります。また、全く知識がない状態からカフェや喫茶店の開業を目指す場合、まずは通信講座でコーヒーの淹(い)れ方の基礎を身につけ、講習会に参加して腕を磨くという方法をとってもよいでしょう。

2-3.より知識を求める人向けの資格

日本スペシャリティコーヒー協会主催のQグレーダーコースは、コーヒー豆の評価やテイスティングなどの知識を身につけることができる講座です。カフェや喫茶店よりも、コーヒー豆の販売や焙煎を行いたいという人が取得すると、知識や技術を証明できます。

03. コーヒーに関する
資格取得方法

この項では、コーヒーの資格を取得する方法や、視覚の選び方についた解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.資格の選び方

前項をお読みただければ分かるように、コーヒーに関する資格は豊富です。ここにご紹介していない資格もあります。コーヒーに関する資格は、誰にでも取得できるものと、講習に通ってから検定を受けないと取得できないものがありますので、まずはそこを確認しましょう。2-1.でご紹介した資格はすべて講習を受けるなどの条件があります。
また、コーヒーに関する資格を取得するには、数万円~数十万円の費用が必要です。ですから、まず何のために資格を取得したいのか、資格を取得してどうしたいのか、を考えて選びましょう。趣味を極めるために資格を取得するならば、通信講座でも可能です。一方、カフェを経営し、取得している資格をウリに他店との差別化をはかりたい場合は、ある程度の費用をかける必要があるでしょう。

3-2.資格の適正

コーヒーに関する資格は、コーヒーが好きでないと取得しても価値はありません。また、「軽い気持ちで受講したら、周りが皆真剣で驚いた」という人もいます。コーヒーは好きだけれど、資格を取得するまで情熱が持つか分からないと迷っている場合は、タリーズやスターバックスなど大手カフェチェーンで開催されているコーヒー教室を受講してみましょう。90~120分、数千円で受講できます。コーヒーの淹(い)れ方や豆の違いなどを分かりやすく解説してくれるので、初心者にもおすすめです。教室を受講してみて、さらにコーヒーに関する知識や技術を磨きたい場合は、コーヒーに関する資格にチャレンジしてみましょう。

3-3.資格の難易度など

2-2でご紹介した通信講座の資格ならば、受講すればほとんどの人が資格を取得できます。飽きて途中で投げ出さないことだけは、注意しましょう。2-1でご紹介した資格も、講習をしっかり受けていれば取得できます。ただし、全日本コーヒー商工組合連合会が主催しているコーヒーマイスターの上位資格、コーヒー鑑定士は、合格率が数%しかありません。また、Qグレーダーコースは資格取得の費用が30万円以上かかるため、普通の人が趣味で取る、という資格ではないでしょう。

3-4.注意点

2-1でご紹介した資格は、講習や試験が東京や大阪など都市部でしか行われていないものもあります。地方にお住まいの人は、まずリンク先のページをよく確認してください。場合によっては宿泊準備などが必要です。また、人気の資格は講習会の募集が始まったら、すぐに定員いっぱいになってしまうこともあります。ですから、まだ募集前は、こまめにホームページなどを確認してください。

04. コーヒーの資格に関する
よくある質問

Q.資格を取得すれば、カフェでバイトをしている場合などは時給がアップすることはありますか?
A.その資格が店の宣伝となり、集客につながるような場合は時給アップもあるでしょう。

Q.資格を取得すれば、就職に有利ですか?
A.コーヒーメーカーなどに就職する場合は、有利になるところもあるでしょう。しかし、絶対に有利とは言えません。

Q.資格は未成年でも取得できるでしょうか?
A.可能ですが費用がかかりますので、家族とよく相談してください。

Q.資格を取得すれば、コーヒー教室などを開くこともできますか?
A.コーヒー教そのものは、誰でも開くことは可能です。でも、資格を取得していれば講師として箔(はく)がつきます。

Q.資格取得を途中で諦めた場合、通信講座ならば返金を申し込めるでしょうか?
A.講座を主催する会社等の規約に基づきます。問い合わせてください。

05. まとめ

いかがでしたか? 今回はコーヒーに関する資格について解説しました。コーヒーは紅茶と並んで奥が深い飲料です。おいしい淹(い)れ方を知っていれば、日常生活がより豊かになることでしょう。習い事感覚で資格取得を目指してみてもいいですね。また、カフェや喫茶店を開業したい場合も、技量を磨いて宣伝効果を狙って、資格を取得してもいいでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所