バリスタ資格

コーヒーの資格を取得して
バリスタになりたい!
資格の種類や受験方法は?

コーヒーのおいしい淹(い)れ方をマスターして、カフェを開業したい。コーヒー好きならば、1度は抱いたことのある夢だと思います。カフェの本場であるヨーロッパでは、コーヒーのスペシャリストとしてバリスタという職業があり、技能試験も実施されているのです。では、日本ではコーヒーに関する資格はあるのでしょうか?
そこで、今回は日本で実施されているコーヒーの資格や取得方法について解説します。

この記事を読めば、コーヒーに関する資格を取得するメリットもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


01. 01. 日本における
コーヒーの資格とは?

日本では、カフェや喫茶店を開業するために、特別な資格は必要ありません。食品衛生責任者講習会を受講すれば、調理師の資格がなくても開業できます。ですから、日本で取得できるコーヒーの資格は、コーヒーに関する知識やコーヒーを淹れる技量のレベルを証明するために取得するものです。
また、日本で取得できる資格には、国家資格・公的資格・民間資格の3種類があります。コーヒーに関する資格は、すべて民間資格です。ですから、取得したからといって特別なことができるわけではありません。
しかし、前述のとおり知識や技量の証明になるため、カフェや喫茶店を開業する際には宣伝に使えます。カフェや喫茶店はライバル店も多いので、資格を取得しているマスターが淹(い)れるコーヒーをウリにすれば、他店との差別化もはかれるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所